目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
ストロベリー・パニック 第8話 「紫陽花」
何故か様々の人の手に回る渚沙の傘。
何故か何度も失敗する玉青の渚沙との相合傘計画。

そして何故か面白アクション連発の千華留会長。
図書館の帰り、木の下で雨宿りをしている白壇籠女を見かけた渚沙は傘を籠女に貸す。
翌日、夏目檸檬と日向絆は木の下で座り込む籠女を見かけて声をかける。
事情を知った二人は千華留会長と共に傘の持ち主を探すことに。

一方、渚沙が傘を貸してしまったことを知った玉青は、
渚沙との相合傘を企むがことごとく失敗していた。






傘の持ち主を探すために籠女に持ち主の特徴をたずねるがどれも要領を得ない。

「普通じゃ解決できないとなると・・・
 学園のミステリーを調べつくす秘密部!
 活動開始ぃ!」

千華留会長・・・一体いくつ変な部を作ってるんだ。

「さて出かけましょうか。」
「出かけるってどこに?」


「現場百回!
 捜査の基本は足よ!
 その場所の図書館を調べてみましょう。」

千華留会長、何そのポーズ!?
かなり無理な体勢・・・。

図書館での調査。
芳しい結果は得られず、図書委員の当番表をみるためにミアトルへ移動。
・・・そして重要なその傘をカウンターに置き忘れ。

ミアトル校舎で千華留たちとすんでのところですれ違う渚沙。

突然の雨にあった光莉と夜々は図書館で置き傘を借りることに。
置き傘の近くのカウンターに置いてあった渚沙の傘を持っていく。

静馬と相合傘の渚沙。
目の前を走って通り過ぎる光莉と夜々の傘をみて自分の傘もあんな感じだったと静馬に話す渚沙。
一方静馬は光莉と夜々が相合傘で密着する姿をみて、
「ダメね・・・
 この傘大きすぎるの。」

静馬様らしい、です。


光莉と夜々にお茶に誘われた二人は光莉たちの部屋に。
その隣のバスルームには渚沙の傘。


翌日、それぞれが図書館に向かう。

千代が傘を捜すのを見張る千華留会長。
そこへ光莉たちが傘を返却に。
千代ちゃんが気付き、千華留たちがとびこんでくる。
そこへやってくる渚沙。
「あ・・・その傘・・・私の・・・。」
呆然と皆が見守る中、籠女が進み出て傘を差し出す。

「びゃくだん・・・かごめ。」
「わたし・・・蒼井渚沙。」

「ありがとう・・・渚沙・・お姉さま。」
「こちらこそ。ありがとう籠女ちゃん。」







今回は面白かった。
私の中では今までで一番だった。
演出が細かくて、最後の全てが集約するとことか、思わず「おぉ・・・!」と。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。