目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/05/18(日)   CATEGORY: xxxHOLiC◆継
xxxHOLiC◆継 第7話 「ミズクミ」
暑い日、水浴びしていた侑子たちの元へ猫娘が振ってくる。
猫娘は侑子に、ある屋敷の井戸の水を汲んで欲しいと依頼する。

侑子に言われ、猫娘と共に屋敷へ向かう四月一日。
何のために、と愚痴を言うが、猫娘は答えない。

屋敷の敷地に忍び込み、文句を言いつつも井戸から水を汲もうとすると、
屋敷の窓から外を見る女性の姿に気付き、慌てる四月一日。
だが女性は四月一日に声をかけることはなく、
何となく女性に背筋が寒くなるような感覚を覚えながらも、
無事水を汲んで帰る。

それでは終わらず侑子にあと何度か言ってもらうと話す。

何度も行くことを嫌がる四月一日に、
侑子は百目鬼と一緒にいけばいいんじゃない、と答える。
二人で屋敷に向かうと、また窓際に女性が。
昨日と同じ服を着ている女性に訝しがるが、水汲みを続ける。
百目鬼は女性を、顔見知りとかではないが、知っているような気がする。

学校で、四月一日から水汲みの話を聞いたひまわりは、
無理をしないように、と四月一日と指きりをする。

そしてまた百目鬼と水を汲みに行った四月一日。
と、突然小指に異常を感じる。
瞬間、水汲みを運ぶための風呂敷を話してしまい、
風に飛んで女性のいる部屋に入ってしまう。

屋敷のチャイムを押すが返事がない。
仕方なく屋敷の中に入る二人。
女性がいた部屋に入り、風呂敷を取ろうと女性に近づくと
女性はイスから落ち動かない。
人形だったのかとほっとする四月一日だが、
いつの間にか来ていた侑子はそれを否定する。

女性を知っているような気がすると話していた百目鬼は、
これは死体だと話す。
現代人は食事で着色剤を摂取していて、体が防腐剤のようになっているのだと。

一方で水がくまれた井戸から猫娘は子猫の死体を見つける。
猫娘はこのために水汲みを依頼していた。

後に、侑子は何故屋敷に入ったのかと四月一日に聞く。
事情を話す四月一日。
ひまわりと指きりをしたという話に侑子は何かを思う様子を見せる。





着色剤で防腐剤みたいな体になる、って本当なのかね。
さすがに土があれば腐るかな。

それにしても屋敷にいて誰にも気付かれないって。
屋敷に住んでいるのに人の出入りがない女性の環境を想像してしまいます。

今回は死体は出てきたものの特に怖いと感じることはなく。

寧ろ、猫娘の登場も含め
ひまわりに関する伏線を出すためのエピソードという感じがしますね。

今シリーズはそんな思わせぶりなシーンが多くて、
ひまわりに関するエピソードが近いのを感じさせます。





スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。