目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2008/03/14(金)   CATEGORY: DRAGONAUT
DRAGONAUT 第23話 「散華 -悲しみと希望と-」
タナトスがついに月軌道上までやって来た。
ギオはジンにトアを渡すように言うとタナトスへと帰っていく。
一方で地球ではは大騒ぎになり、
ジルアード軍が独断で攻撃を仕掛けるも効果がなく、
ただ被害が増えていくだけだった。
地球では人々の避難が進み、各国の代表が話し合っていた。
タナトスでは攻撃を仕掛けるジルアードをギオが見つめていた。
と、そこにマキナとアキラが現れる。
タナトスと融合したため以前のマキナとアキラとは違う存在らしい。
人類は不完全なものとしながらも、
人間から心というものを学んだと言うマキナとアキラ。
ギオも人間と係わらなければこなんな風に思うこともなかった、と。


一方、休息を取るジンたち。
ライナたちドラゴノーツは
タナトスにドラゴンと人の関係は悪いものじゃないと伝えることを決意し、飛び立つ。

ジンとトアは人のいなくなった町を歩き回る。
色々な服に着替え楽しそうなトア。
最後に遊園地の観覧車へ。
幸せだと言うトアに、ジンはトアは死なないよと話す。
知っていたの、と驚くトア。
そして二人の前にギオが現れる。
ジンはトアをよろしく、とギオに引き渡す。
一人残され、耐えるように拳を握り締めるジン。

そんな中、カズキとウィドー。
負傷したウィドーに冷たく接するカズキ。
と、ウィドーは自身が消滅しかかっていることに気づく。
ウィドーはカズキを抱きしめると、
本当の気持ちに素直になるように話す。
そして、分かってあげられなくてごめん、カズキとレゾナンスしていれば…と言うと消滅する。

一人、海岸に立つジン。
そこにふらふらしながらカズキがやって来る。
ウィドーが死んだと言い、ジンに殴りかかるカズキ。
ジンも殴り返して、トアがいなくなった自分の思いを叫ぶ。
カズキは泣き崩れると、いなくなって初めて自分の気持ちに気付いたと話す。
ギオはジンを守ろうというカズキの思いが形になったものだった。
ごめん、と泣きながら謝るカズキにジンはありがとうと言う。
最後の時までトアと一緒にいると決意したジン。
そこに声をかけるサカキ。
ジンたちを見ていて、ドラゴンと人間の関係に可能性を感じたサカキは
ジンとカズキをシャトルで送り届けると言う。

対タナトス兵器として送り込まれようとするローラを助けたサカキ。
その際、研究員から撃たれてしまう。
何とか管制で指示を出し、ジンとカズキを送り出すと、
足止めをしていたローラと共に力尽きる。




ちょっと色々とつっこみどころが多かったなぁ、今回も。
皆、急に物分かりが良くなって。

ウィドーは割とあっさりと消滅してしまいました。
カズキのことを本当に思っていたようではありましたが。

しかしその悲しさも、そのあとの展開で吹き飛んでしまいました。
まさかジンとカズキが自分のが不幸だ、みたいなことを争って殴りあうとはね。
思わず吹いてしまいました、これには。
その後は完全に仲直りするしね、ジンとカズキ。
しゃべり方も元の感じに戻っていました。
サカキもローラを急に大事に思うようになるし、
都合いいなぁと感じずにはいられませんでした。

でもそうしないと話が進まないから仕方がないのかな。

更に、急にオペレーターの方々が活躍。
格闘技で兵士倒したり、クナイで戦ったり。
一体何者なんですか。

と、まぁ色々と驚かされた今回でしたが、
ついに舞台はタナトスへと移るようです。
次回予告を見る限り、再び宮野さんの出番があるっぽいですが果たして。


スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。