目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
DATE: 2007/10/13(土)   CATEGORY: DRAGONAUT
DRAGONAUT 第2話 「逢瀬 -動き出す世界-」
見知らぬ部屋で目覚めたジン。
トアが灯台で待っていると言って姿を消した後、
少女と執事っぽい格好をした老人に気絶させられ連れられて来たらしい。
連れてこられたのはISDAで
シャトル事故のことで話がある言われるジン。
指揮官らしき男からあのシャトル事故はジンの父親の操作ミスではなく
タナトスから飛来した地球外生命体が衝突したためと話す。
それなら何故それを公表して父親の無実を証明してくれないのかというジンに
ライナ・クロムウェルは公表したら騒動になる、と言う。
指揮官はジンにドラゴノーツになれ、と告げる。

一方的な言葉に苛立つジン。
と、そこへかつての友人カズキがやってくる。

ISDAの施設に送られるジン。
その車の中でカズキは再会を喜ぶが
ジンはカズキに事故の真相について知っていたのか、と複雑な様子。
そして施設についたジンはトアの言葉を思い出し灯台へ向かう。
灯台でトアと再会し、楽しそうなジン。
しかしその様子はISDAや
前回ジンに話しかけてきた男に監視されていた。

トアたちを捕まえようとするISDAのメンバー。
カズキもその一人として出ていた。

ISDAから逃げるトアとジン。
トアと同じように人間とは思えない動きのISDAメンバー。
トアはひきつけるためにジンと別れて逃げるも
トアを追いかけたジンはカズキと対面する。
銃を向け、何で逃げるのというカズキの姿に
ジンはやっぱり自分は一人きりだと言う。

そこへ突然ISDAのメンバーの一人がカズキを撃ち
それを庇ったトアが負傷。

撃ったメンバーは狂っているらしくもっと人を殺したい、と言い
男のコミュニケーター?が暴走。
ドラゴンの姿になり男を飲み込み暴れ始める。

トアはジンに目をつぶっていて、と告げるとドラゴンへと姿を変える…




…これは専門用語とか出てきて状況が飲み込めない。
公式サイトに用語の説明があったからそれを見て理解していくしかないかな。
そのせいもあってか、ISDAの指揮官が言うことが唐突すぎるように聞こえた。
ドラゴノーツになれ、って何だよドラゴーノーツって。
何する人だよ。
そりゃジンだって断るよ。
説明しろよって思うって。

一方でであった瞬間から惹かれあうジンとトア。
いきなり何も言わずに手と手を合わせたり。
まぁそれは人とのつながりみたいなことの暗喩としての表現なのかな
と私は考えてみたけれども。

まだまだ話についていけてないのでイマイチのりきれないのだけど
ジンとトアの一連のやりとりはちょっと和んだ。
二人だけの世界ってどうよ?とは思うけどさ。

次回はさすがにドラゴンの説明があるのだと期待しつつ
ドラゴノーツの感想を書いていくことにします。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。