目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
エル・カザド 第26話 「輝く女」
ついに最終回。
ここに来て衝撃の展開!
まさかあの人たちが出てくるとは!
そしてスペシャルゲストの声優さんたち、全員MADLAX出演者…
全てが終わり、ナディとエリスはロベルト、ニーナの夫婦のお店で働いていた。
エリスの力のことやナディが賞金稼ぎであることは内緒で。

夫婦が水入らずで休日を楽しめるように、とナディが一人店番。
そこへ常連だと思われる保安官のペドロと息子のホアキンがやってくる。
ホアキンは会うなりナディを男女と呼んだり。

お昼ねしていたエリスを起こして4人でお店にいると
ナディはペドロは奥さんをもらわないのと言う。
冗談でエリスをすすめると、
エリスはナディが言うなら、と答える。
慌てるペドロ。どうやらナディに気があるよう。
しかしその話は怪しい太った二人組みが店にやって来たことで中断。
その二人組みは保安官を見るとすぐにお店から出て行ってしまいます。

翌日、お店のお掃除をするナディとエリス。
そこにブルーアイズが訪ねてくる。
アミーゴタコスの支部長になったとか。
リリオからのテープも持参。
旅を続けるリカルドとリリオの話を聞いて、ナディは少し寂しそう。
エリスが旅に出たいのと聞くが、せっかく良い生活が出来てるんだからと否定。

そこへ更に訪ねてくる人物が。
ローゼンバーグそっくりのその人物ですが、完全に別人。
ブルーアイズの部下なのです。
悪趣味だとからかうナディをさらりと流すブルーアイズ。
部下には車で待っているように言う。

しかしすぐに戻ってくる部下。
突きつけられた拳銃。
昨日の太った二人組みが夫婦を捕らえていた。

しかもその二人組み、以前のオカマ賞金稼ぎ。
早く治してエリスを追いかけようとして栄養を取りすぎたとか。

エリスはもう賞金首じゃないと教えると呆然となるも
気がすまないと殺そうとするオカマたち。

ブルーアイズは冷静に説得しようとするも
オカマの言った「おばさん」の言葉にぶち切れ。
結局ナディとブルーアイズでオカマたちをぶちのめし。
ナディはオカマを捕まえようとするも吹っ飛ばされるが、
エリスが銃を拾ってつきつけ終了。
見事な連携。

終わったあとにやってくる保安官。
倒れたナディを助けようと駆け寄るのを見て
エリスが嫉妬?してしまい、オカマがその隙に立場を逆転。
撃たれようとするエリスを庇おうと飛び出すホアキン。
咄嗟にエリスが力を使い、ナディが銃を拾って撃ち、オカマたち敗北。

普通ではないと分かってしまい、店を去ろうとするナディとエリス。
しかし夫婦は不思議な力とナディの銃さばきを見ても、
行かないで欲しいといってくれる。


「それじゃあいてくれるのかい?」

「だってさ、エリス。良かったね」
「ありがとう…すごく嬉しい。
 でも……行く」

「え?」
「エリス…」
「どうして…」
「どうして?…

 …目が輝いてるナディが……好き」


「行こうナディ」

「エリス…」
「旅に出よう」
「……よし!行こう!」

そして夫婦やペドロ、ホアキンに別れを告げ、二人は旅立つ。
とりあえずの目的はリリオに会うと決めて…




なんだ、これ。
何という最終回…。やってくれたなぁ。
エリスのことを考えて平和な生活を送るも、何か物足りないナディ。
そしてそんなナディを理解しているエリス。
平和に過ごすナディとエリスも素敵だったけど、
旅に出たいと思う姿はナディとエリスらしくて。
見ている自分は、二人を見送っているような錯覚が…
上手く言えないけど、とにかくすっきりといい気分になれる最終回でした。

声優もすごかったしね。
ここでこの人たちを持ってくるかぁという感じ。
雪野五月さんと森川智之さんで深夜なのにテンションが上がった。
それから一度目見たときは金田朋子さんに気付かなかったのは衝撃。
まさか金朋で分からないとは…。
あ、保安官さんがヴァネッサの同僚のあの人だったのも二度目で気付きました。
こいうことされると、本当に三部作で完結編だったんだなぁと実感。

最後に全体を通しての感想。
始まった時に期待していた程のストーリーの謎はなかった、かな。
登場人物は知らないけど見ているこっちは知っていることがあって
え?今更その話?という部分もありました。
でもスタッフはロードムービーをやりたかったのかな、とも思う。

ナディとエリスが段々と関係を築いていく姿には全く文句なし。
寧ろこの二人の仲のよさは、大好きです。
最終回でも嫉妬?するエリス、可愛かった。
ペドロには悪いけど、ナディはエリスの嫁ですよ。
別離で終わらなくて本当に良かった。

つまり、終わり良ければ全て良しでした。私は。
まだドラマCDがありますが、
とにかくお疲れ様、ありがとうございました。



ドラマCD「エル・カザド」第1巻 ドラマCD「エル・カザド」第1巻
ドラマCD (2007/09/21)
フロンティアワークス
この商品の詳細を見る


エル・カザド オリジナルサウンドトラック2 エル・カザド オリジナルサウンドトラック2
梶浦由記 (2007/09/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る


「エル・カザド」愛と真守の週刊 エル・カザド通信!Vol.1 「エル・カザド」愛と真守の週刊 エル・カザド通信!Vol.1
アニメ (2007/09/21)
ビクターエンタテインメント
この商品の詳細を見る
スポンサーサイト
[ TB-5 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
エル・カザド 第26話 「輝く女」
angel notes. 2007-09-25-Tue 23:04
ついにこの謎作品も最終回。前回は色々と文句を言ったり後味が悪かった。今回は前回までの展開を更に吹っ飛ばしての後日談?変に前回からの連続性を強調していないのは良いかな。「これはこれ」って感じで楽しめる。  [more...]
エル・カザド 第26話 (最終話) 『輝く女』
無限の宇宙 ~INFINITE∞COSMOS~ 2007-09-25-Tue 23:25
~アニメ エル・カザド 第26話 (最終話) 『輝く女』 について~【 I reach for the sun ~輝く光~ 】ウイニャイマルカでの出来事から数ヶ月の時が流れていた。旅は終わりを告げ、彼女たちは安寧とした生活を送って  [more...]
エル・カザド 第26話 「輝く女」
SERA@らくblog 2007-09-26-Wed 00:49
終わりない旅路へ――!それがこの作品のすべてでした。エリスの過去を探す旅を終え、二人は平穏な日々をすごそうとしていた。しかしナディには旅の暮しへの憧れが残っていた…。前2作 NOIR と MADLAX は過去や  [more...]
エル・カザド 第26話 「輝く女」(最終回)
アニメって本当に面白いですね。 2007-09-26-Wed 01:42
エル・カザド  現時点での評価:2.5~  [真下耕一監督作品]  テレビ東京 : 04/02 25:30  監督 : 真下耕一  音楽:梶浦由記  キャラデザ : 菊池洋子  シリーズ構成 : 金巻兼一  アニメ制作 : ビィートレイン   http://www.elcazador...  [more...]
レビュー・評価:エル・カザド/第26話 輝く女
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007-09-26-Wed 18:40
品質評価 32 / 萌え評価 4 / 燃え評価 8 / ギャグ評価 10 / シリアス評価 18 / お色気評価 14 / 総合評価 14レビュー数 49 件 全てが終わり、残された人々はそれぞれの生き方を見出し、新しい生活を始めていた。それぞれの旅を終えて、自分たちの居場所を見出した人々。でも  [more...]
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。