目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
さよなら絶望先生 第10話 「生八橋を焼かねばならぬ」
前回のあらすじ…って前々回のあらすじじゃないかと思いつつ
今回は文化祭。
二のへのだしものは、しょぼかった。
ってアレ、OPが違うぞ。
文化祭が近づいている。
何か出し物をしなければいけない。
糸色望先生は文化人を気取るな、と言うも
千里から最低限の文化的暮らしをすることは憲法で認められていると言われ
権威に弱い先生は最低限文化的な出し物をすると今度は言い出す。
へたっぴな演劇、ジャイ○ン並のバンド、
ストーリーテラー、一発ギャグなどなどをあげるも全て先生が不許可。
そこで千里に最低限文化的な授業をしてみてくださいと言われる先生…
悩んだ末に先生がやったのは小学生の理科の実験だった。

というわけで小学生の理科の実験、しかも基本の基本のような実験の展示がクラスの出し物になった、と。



後半はクラス全員で京都へ修学旅行…の下見。
先生が下見をするのはともかく。
クラス全員で、というのは先生がそのことで生徒に文句を言われたくないから。
旅行会社涙目。
事実上、修学旅行であるが先生は生徒にじっくり見ないようにと告げる。
そんな感じで下見寺へ。
そこで人生下見で終わることが多い、と言う話に。

先生に一緒に式場の下見に、と誘われ期待する千里。
しかしそれは葬式や墓の下見。
怒った千里は墓石で先生の頭を…
おかげで先生は来世の下見に行くことになったのでした。

ちなみに修学旅行は沖縄になったそうです。




…今回も先生は先生が言い出したことで逆に首を絞められていたなぁ。
お約束の「絶望した!」のセリフも住職に先に言われちゃうし
三途の川までいっちゃったしな。
しかし、この三途の川…神谷さんには笑い事じゃないような。
BGMを鼻歌でやったりとしてたけど。
鼻歌は著作権の問題でやったのかな…。


あと、最後の批評番組のパロに関して。
あれ見たときの印象は「シャフトが分からない」でした、私。
でも多分ネタだよね?
それとも、見ている人に対して無責任に非難するなって思いがあるのかなぁ。
ニコ動のネタもあったし…うーん。

それから下見寺の時一部キャラが文字になったのは演出?
富士山のようなことが起きたわけでないことを信じる…。
スポンサーサイト
[ TB-4 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
さよなら絶望先生 第10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」
SERA@らくblog 2007-09-09-Sun 23:00
新OP登場って…富竹さんのようなシルエットのキャラが…。誰ですか?(笑)カラフルな画に、POPな曲…絶望先生に似合ってなさすぎなのがよい(ぉ)本篇は、最低限文化的文化祭と修学旅行(下見)の話。ストー  [more...]
(アニメ感想) さよなら絶望先生 第10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」
ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 2007-09-11-Tue 00:51
さよなら絶望先生 特装版1文化祭の日が近づいてきた。クラスの出し物に何をするか?皆で意見を出し合う、2年へ組の生徒達だが、望はある提案をする。それは、最低限文化的な文化祭を行う!!というものだった・・・。  [more...]
さよなら絶望先生~第10話・生八ツ橋を焼かねばならぬ
一言居士!スペードのAの放埓手記 2007-09-11-Tue 19:58
さよなら絶望先生ですが、第10話にしてオープニングが変わってしまいます。まずは最低限文化的な文化祭だそうですが、2ノへ組のショボイ文化祭展示といきなりオチを見せて始めます。(さよなら絶望先生、第10話感想、以下に続きます)  [more...]
レビュー・評価:さよなら絶望先生/第10話「生八ツ橋を焼かねばならぬ」
ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007-09-14-Fri 22:36
品質評価 33 / 萌え評価 19 / 燃え評価 2 / ギャグ評価 23 / シリアス評価 83 / お色気評価 17 / 総合評価 30レビュー数 121 件 第10話「生八ツ橋を焼かねばならぬ」のレビューです。  [more...]
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。