目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
錬金3級 まじかる?ぽか~ん

EDが変わってた。
キャラごとあるのか。

ぽか~ん3 「月の呪文は血の系譜」
ぽか~ん4 「まやかしの呪文はTVショッピング」

ぽか~ん3
博物館で展示されている日本オオカミの剥製を見つめる、りる。
「自由にしてやるよ・・・。」

ケースを破壊しようとして警備員に押さえられるりる。
去っていくりるを意味ありげに見つめる1人の警備員。
路地の裏にあるようなバーに1人入っていくりる。
どうやらりるは常連のよう。

「ホワイトエンジェルです。・・・あちらのお客様から。」
そこにはさっきの警備員の姿が。

お、なんかシリアスな雰囲気。


・・・とか思ったのが間違いだった。
そもそもりるの格好は気にならないのか?
耳とか尻尾とか!?

ご飯として出てきたのは怪しげな餃子?
鉄子(あいこ)は人造人間だから食べないのね。

「どうですか?」
「「「ふつー」」」」
「え?」
「悪くないかも。ガーリックきいてて血がもえる感じするけど。もう少しきかせてもいいんじゃないかな。」
え?吸血鬼ってガーリックはいいの?あれ?

夜、再び警備員の姿をみかけるりる。
殴りかかるがラクに避けられてしまう。

「あの時お前はオオカミを助けようとしていた。だがそれは意味をなさないんだ。」
「あの時・・・?」
「お前からはにおう。」
「餃子!?」
「ご、ごめんなさい!ついつい欲望に負けちゃってっ。
 いけないいけないとは思ってたんですけどっ・・・。」
「なんだ?同族じゃなかったのか。」

あー・・・なんだかりるが勘違いし始めましたよ。
男が言いたいのはそういうことじゃないよ、りる。
まぁ男はりるとは微妙に違う存在のような気もしますが。

チンジャオロース?を我慢するりる。
コイ、ですか・・・。
さらに勘違いはエスカレート・・・。

ホテルのお風呂場にて。
「これからあたし・・・やっぱりアレだよねv
 つまりその、大人への階段いうのか、
 貴方が望むならvていうか。
 あぁ~vこんな出会いもあり!?ありよね~v
 夢のような体験がこのあとすぐ!
 あぁ~何も見えなぁい~v」

何を期待してるんだ、何を!?

バスローブ姿で出てくるりる。
(いよいよなの~がんばれーあたし!
『好きだよ!大切にするよ!さぁ口付けを交わそう!』そして!そしてぇ!あぁv)
「どうぞくのことで・・・」
(にぃぁぁぁぁ!)
「や、や、や、優しくお願いします・・ぴょんv」

最高っ!なばさん最高・・・っ

ばっとカーテンを開く男。
外には満月が。
オオカミ男へと変身する男。
りるの視線は下のほうに・・・

「いやぁぁぁぁぁ!
いきなりはいやぁぁぁぁぁ!」

がぶっ。

・・・チーン。




ぽか~ん4
夜のTVショッピングを見ているゆうまとパキラ。
あきらかにおおげさなダイエット機器。
ゆうまは早速電話。

届いた荷物を早速ためすゆうま。
それを見て他も次々と頼んでいく。
りるは日焼け器具、鉄子はキッチンカッター。
パキラは・・・

「どうしたのパキちゃん!どんなの?どんなのー?みしてー!」
「あ、あたし急にとってもねむいのーおやすみなさーい・・・。」

ムネを大きくする機械のようです。

更に次々と頼んでいく四人。
りるがデジカメで出かけていくのはあれか?
某ラジオからか?・・・なわけないか。
パキラはデジカメにも映らないのか。

ま、予想通りお金を払っているわけなく・・・
請求の電話と請求書の山。
結局全部返却。ま、そうだろうと思った。


EDはりるに変化。
電波系ってのは変わってないけど。

やーせいてきーなあーたーしで ごう!
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。