目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
ストロベリー・パニック 第14話 「親友以上」
今回からOPとEDが変化。
OPはやけにシリアスな雰囲気に。
EDは・・・ポップな感じにはなったけど。
おでこにキス、か今度は。
声優さんの顔出しって妙にむず痒い感じがするんだよなぁ。
前回の続きから。
思わず光莉にキスしてしまった夜々。
当然関係はぎくしゃく。
胸まで揉んじゃったしね。


いつものお茶会。
光莉は来ない。
夜々も部屋には戻らず、渚沙たちの部屋に泊まりこむ。
何かあったのかと心配する渚沙たち。
玉青ちゃんは、何となく察してる様子。

渚沙は玉青のリボンのことを思い出し、プールへ探しに行く。
落し物として預われていた中にリボンを見つける渚沙。
玉青にリボンを返す渚沙。
事情を説明しようとする渚沙。
が、玉青は話し出す前にリボンを渚沙の小指に結ぶ。

「これからはずっとこうしておきましょう。
 そうすれば渚沙ちゃんは永遠に私のもですから。
 安心ですわ」

渚沙は気にしている様子はないけど、
玉青にとってはかなり切羽つまった願いだなぁ。
そして、それがおそらく叶わないんだろうな、と予感させます。

光莉と夜々を仲直りさせる方法を考える渚沙たち。
玉青は何か二人を結ぶものがあれば、という。



翌日、玉青は夜々、渚沙は光莉と話す。
夜々は玉青とお御堂の裏庭へ。
よく聖歌隊を抜け出していた場所。
そして、光莉と初めて会った場所。

渚沙は親友との思い出の場所を教えて欲しいという。
駆け出す光莉。


「光莉は来ないわ。
 来るわけない。
 光莉は、あの子はもうこんな場所のことなんか覚えてないわ。
 だって・・・あの子にはもっと大切な場所があるもの。
 それに、もう私は光莉の親友なんかじゃないの。
 だって、だって私が光莉との友情を壊してしまったから」


苦しそうに話す夜々。
そこへ光莉がやってきて、大事な場所だからと話す。
互いにあやある二人。
・・・ありゃ、あっさり仲直り?
と思いきや。

「夜々ちゃん、ずっと親友でいてね」

ぐさっ。
光莉、無意識とはいえこりゃ夜々には辛いぞ。

結局元の鞘に戻ったわけだけど。

「あの時出逢ったのは確かに天使だった。
 でも・・・私だけの天使じゃなかった」

最後のこれが印象的だった。



それにしても心情を吐露する夜々の姿は、
玉青にはどう映ったのでしょうか。
夜々に似ていてでもまだ行動していない玉青には。





今回はとにかく夜々が可愛かった。
いつも光莉が天音を見てる木の下に言ったり、
天音にガン飛ばしたり。
切ない表情連発で。
最近夜々が一番可愛く見える。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。