目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
京四郎と永遠の空 最終話 「永遠の空」
バスティーユから落下する空を抱きとめた京四郎。
互いに、会いたかったと話す。
そして、京四郎と一緒にバスティーユから他の絶対天使を解放し、バスティーユは完全に崩壊する。
しかしバスティーユは空自身のもう一つの体。
バスティーユの崩壊は空が消えてしまうことでもあった。




ラブラブですね、京四郎と空。
なんか見てて恥ずかしくなるほど。
そのせいかいまいち私盛り上がらなかったです、すいません。
空が消えて動揺した京四郎は兄さんゆずりの大げさな身振りで落っこちたりまでしてるのに。

あと京四郎と空のラブい会話の中で全くせつなに対して触れてこないので、
せつなスルーかと本気で心配しちゃいました。
京四郎がせつなの想いには答えられないとはっきりと言いましたが、
あんまり以前と変わっていないような気もします。
関係ないけど、髪をばっさりやったせつなの姿に某レプリスを思いだした私…。
だって中の人同じだし!髪型も似てるし!

で、空を探すために旅に出た京四郎とせつな。
他の絶対天使もパートナーと穏やかな日々を過ごしているようです。

そして最後、1話で空が王子様が迎えにくるのを夢見ていた時のような花畑で、
幼い空が髪が元に戻っているせつなとカズヤのような髪の長さになっている京四郎と出会って終わり。
最終回らしい最終回でした。

このアニメには色んな意味で笑わせていただきました。
最初はこんな個性のあるアニメだとは想いませんでした。
中でもカズヤには笑わせていただきました。最後には廃人になっちゃいましたが。
でも一番のお気に入りはせつなだったなぁ。松岡由貴さんだし。
せつなだけで私にとっては見る価値があったかも。
スポンサーサイト
[ TB-0 | CO-0 ] page top
京四郎と永遠の空 第10話&第11話
第10話
空、せつな、かおん、たるろってを連れ去ったカズヤ。
空たちを引き連れて、宴の準備を始める。

一方でソウジロウは機動風紀に協力を要請し、
マナバスターを託されたひみこと、
兄の形見の眼鏡を捨てた京四郎と共にカズヤのもとへ急ぐ。


しかし兄さんは余裕綽々。
絶対天使たちと一緒にお風呂はいってます。
テンション高いです。
お兄さん、周りの天使は空意外めっちゃテンション低いっすよ。
そんなのこと気にもしてない辺りがステキです。
ちょっと一言言うたびに大げさに身振りするのはちょっとイラっとしてきますが。

空意外の絶対天使はカズヤなんて相手したくないという感じで、
それぞれのパートナーのことしか考えておらず。
パートナーのもとへ行くとカズヤにキスされて動けなくなる…という。
コレやだよなぁ。パートナーを想っているだけに。
たるろってがキスされて、特にかおんちゃんが嫌そうに顔をしかめてました。

せつなは京四郎を通しての行動なのかもしれませんが、
空にカズヤが捨てた白馬のブローチを渡したりと、
相変わらずけなげでありました。


第11話
なんか絶対天使を全員そろえてなんかの祭壇に。
そうしたら一つの絶対天使バスティーユに。
本当の絶対力。時空すら操るらしい。

これはカズヤも予想外だったのか、
「俺のチェーロは」とか言いながら慌てておりました。


絶対天使はそれぞれのパートナーに会いたいという思いだけ。
空も白馬のブローチをきっかけにすっかり京四郎の記憶を取り戻し、
もう私の中には京四郎さんでいっぱいでそれ以外入らないと話す。
そのせいかバスティーユの体にひびが入り、崩壊しはじめる。

そんな中、京四郎はただ空にもう一度会うためにバスティーユへと向かっていく。
かおんの左手が空のコアの部分を壊し、
カズヤの攻撃をせつなの右手が防ぎ、
最後にたるろってがカズヤを踏み潰す…と。
なんかすっかりカズヤさんが三下みたいな感じに。

そしてコア?から落下する空を京四郎が受け止める、と。

空、かおん、たるろってはパートナーのもとへ戻ればいいのかもしれないけど、
せつなは?せつなはどうするんでしょ?

あとワルテイシアの立場がいまいわからんかった。
あの人のために、ってどの人ですか?
カズヤも何がしたかったのか…バスティーユのこと予想出来てなかったみたいだし。
踏み潰されて終わった、んでしょうか?
[ TB-0 | CO-0 ] page top
京四郎と永遠の空 第8話&第9話
第8話
えっと、前回は空が肌で京四郎に迫ったとこだっけ?
そんな空を京四郎は「ふざけるな」と振り払う。

こう、自己犠牲って行き過ぎるとムカツクということがよく分かりました。
もう空、完全に廃人。
街中をふらふら、光につられて高いとこから飛び降りそうになるし。
まぁそっからお約束というか、京四郎が助けるわけですが。
京四郎の告白で空はすっかり立ち直ってますが、
私としては二人の世界にポカーンって感じでしたが。
はいはい勝手にやってくれ。

告白の後は、せつなとの決着をつけると決心する京四郎。
そしてタイミングよくせつな登場。
浮気現場をみられた見たいな状況ですね。
「そんなの嫌!」と今までになかった、感情の爆発をするせつな。

しかしそんなのことを吹き飛ばすかのようにカズヤ兄さん、降臨。

うっわー…登場の仕方からして濃そうなお兄様だ。



第9話
ついに兄さん降臨。

つーかね。
前回の告白台無しだよ。
もう京四郎、兄さんしか見えないみたいに抱きつこうとするし。
まぁ兄さんに吹っ飛ばされましたが。
つまり、兄さんは京四郎の言うような人物ではなく。
地球なんか滅びてもいいし、京四郎を助けたつもりもない、と。
空を始め、絶対天使以外はどうでもいいというスタンス。

もう…なんかすごいね。
喋りながらいちいち大げさなポーズするわ、
言い回しがキザだわ。
ミカの発言から、ミカの友人だか好き?な人だかを、
ミカの思いを知りつつ奪うという悪趣味もあるようだし。
このアニメ結構個性の強いキャラが多いなぁと思ってたけど、
カズヤ兄さんはこの比じゃないね。

京四郎は空とせつなを奪われ、しかも空は京四郎のことを覚えてない。
ミカはカズヤに報われないとか言われ、
かつ薔薇のツタみたいなのに刺され死亡。
最後にはひみこマナバスターを託していましたが、
これがカズヤ対策の鍵となるのかしら?
しかし何故、チェロ?

とにかく今回はお兄さんに多いに笑わせて頂きました。
[ TB-0 | CO-0 ] page top
京四郎と永遠の空 第7話 「彷徨い哀歌」
ゲホゲフッ…空はどんどんおかしな方向にッ。
ごめんなさい、まじめなシーンでも笑えてしょうがないです。
more...
[ TB-0 | CO-0 ] page top
京四郎と永遠の空 第6話 「ゆめはて十字路」
空ってどうも好きになれないヒロインなんだけど、
アホの子すぎて嫌いにもなれないんだよ。

久しぶりに空の「親友」が。
「親友」というポジションなのに今まで完全に忘れてた。
more...
[ TB-2 | CO-0 ] page top
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。