目立たなくてもいいよね
徒然に、アニメの感想などなど・・・
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
] page top
キディ・ガーランド 第9話 「記念式典」
続けて感想。正直、9話を見てやる気を失くしてしまったのですが…。


GOTの記念式典。
ESメンバーもそれぞれの仕事に追われていた。
しかし、式典が始まると、突如Gソサエティのトップ、
ガクトエルの巨大な映像が映し出され、GOTの不当を訴え始める。
更に、Gソサエティの能力者によって、上手く客をGOTに不利に誘導されてしまう。

Gソサエティの能力者に対処するアンオウ、エイオウ、ドゥルディ、ドゥルダムだが、
能力を研究されていたために追いつめられる。
トリクシーとトロワジェインがGクラス能力を限界まで使って追っ払うも、
それが敵の狙いだったらしく、ガクトエルの能力によって、
2人はアスクールたちの目の前で倒れ、息を引き取る…。
more...
スポンサーサイト
[ TB-1 | CO-3 ] page top
キディ・ガーランド 第8話 「Gソサエティ」
遅ればせながら感想。

GOTが記念式典の準備で追われているころ、
前回、GOTの敵として登場したGソサエティでもまた式典が開かれていた。
ノーブルズの人々が集まる中、そのトップの就任と、建国宣言がされる。
そしてGソサエティはGOTの襲撃を宣言する。


more...
[ TB-1 | CO-0 ] page top
キディ・ガーランド 第7話 「憧れの2人」
トリクシーとトロワジェインの特務に同行することになったアスクールたち。
トリクシーたちの艦、ラファールでアイネイアースを出発。
宇宙からアイネイアースを見下ろしてはしゃくアスクールたち。

任務は要塞で取引される密輸戦艦の押収、
しかも密輸にはGOTと敵対するGソサイティという犯罪組織が絡んでいる重大なもの。

しかし、激しい要塞からの攻撃もラファールで軽々突破し、
内部へと潜入するアスクールたち。
トリクシーとク・フィーユとディア、
トロワジェインとアスクールに別れて、
情報の入手と関係者の逮捕に向かう。
トリクシーとトロワジェインの手際のよさに感激するアスクールとク・フィーユ。

だが、途中でGソサイティのESメンバー、トーチとジェイドの邪魔が入る。
幻を見せ、本体を現さない手段のトーチとジェイドに押され気味になるトリクシーとトロワジェイン。
しかし、何とかしようと頑張るアスクールとク・フィーユのおかげで、
生命の危機は逃れる。

トーチとジェイドは逃げしてしまったものの、
密造は防げ、関係者も逮捕出来、ひとまず特務は終了する。



more...
[ TB-5 | CO-0 ] page top
キディ・ガーランド 第6話 「局長室の疑惑」
一週間送れで感想。

Aパートは局長室に出前を頼まれたアスクールたちだが、
局長は頼んでいないと話し、何だか様子がおかしい。
不信に思ったアスクールたちは、瞬間移動を使って局長室に潜入。
そこでは局長と秘書のゾマが何やら怪しい雰囲気…。
動揺するアスクールとク・フィーユ、分かっていないディア。
そのディアが大きい声を出してしまい、局長に隠れていたことがバレてしまう。
見られたことに慌てる局長と正反対にいけしゃあしゃあと誤魔化すゾマ。


Bパートはアリサに連れられて、ベル、アスクール、ク・フィーユ、ディアがBL喫茶に行く話。
声優学校と提携しているそのお店には、声優の卵たちが実際にアフレコをしたり、
給仕をしてくれたり。
興奮気味のアリサに呆れるベル。
ベルの脚本でアニメのアフレコが始まるが、
ディアに下心丸出しの声優に怒った?タマがディアとキスして人間の男性の姿に。
しかも美形なために他の女性客が興奮。
店員の声優たちはライバル店の刺客と勘違いし、
ドタバタな展開に。
終いにはお店も吹き飛んでしまうはめに…。
が、アリサは気にした様子もなく、別の新しいBL喫茶に興味がいくのでした。

more...
[ TB-0 | CO-0 ] page top
キディ・ガーランド 第5話 「GOTTの亡霊」
局長から特務を受けたアスクールとク・フィーユ、そしてディア。
特務の内容は、GOTの旧組織であるGOTTの建物の調査。
今まで何人もの調査員が逃げ帰っているのだとか。

その話を聞いて、冒険みたいとはしゃぐアスクールとディア。
対照的に青ざめるク・フィーユ。

GOTTの内部の暗く、老朽化した様子に動揺するク・フィーユ。
アスクールがそれをからかっていると、
ディアが赤い目の物体を追っていってしまう。

ク・フィーユのセンサーを手に、瞬間移動でアスクールがそれを追う。
一人になってしまったク・フィーユは、
怯えながらも後を追おうとするが、
赤い目に追われ、恐怖に怯え、
ついにはその恐怖からチョコ形の爆弾を撒き散らしながら逃げ惑う。
危うく、合流しようとしたアスクールもお化けと勘違いして、爆弾を投げるほど。


ともあれ合流した二人はディアを捜索。
色々あって、何とかディアを見つけたものの、
赤い目の物体にまた追われる羽目に。

恐怖に怯えるク・フィーユに、
ディアはあれはお化けじゃないと話す。
ディアの言葉に、赤い目の正体がジェネテッィクビーストだと気づいたク・フィーユは、
途端に強気になって、赤い目のビーストに立ち向かう。

しかし臨機応変に姿を変えるビーストに手間取る二人。
と、そんな二人に頑張れ、とキスをするディア。
途端に、能力がアップする二人。
実はディアはあのビーストにもキスをしていたのだが、
パワーアップしたアスクールの瞬間移動とクフィーユの先読みによってビーストは倒される。

ビーストの正体はフットボールの球のような小さなもの。
今までのは一人で寂しかったので、遊んでいただけなのだと話すディア。


ひと段落して、局長に報告するアスクールたち。
けど、ビーストをつれて帰ってきたことは内緒に…。

more...
[ TB-5 | CO-0 ] page top
キディ・ガーランド 第4話 「子守特務」
局長室に呼び出されたアスクールとク・フィーユは、
幼い少女の子守を任される。
と言っても、ESメンバーの仕事とということで、
初めての特務と張り切るアスクールと緊張気味のク・フィーユ。

少女の名前はディア。
VIPの子供でもなく、親がいないと話すディアに、
同情するアスクール。

ともあれ、ディアを連れてGOTの中を案内する二人。
そんな中で、ディアとすっかり仲良くなる。

と、外の太陽を珍しがるディアに、
アスクールとク・フィーユは裏庭に連れて行く。
外に出たことのなかったディアははしゃぎまわる。

遊びつかれて眠るディアとアスクールを、ちょっと呆れつつも見つめるク・フィーユ。
だが、突然、不振な女性二人組みが現れる。

二人組み、リュビスとサフィルはどうやらESメンバーらしく、
攻撃の意思を見せる。
何とか応戦しようとするアスクールとク・フィーユだが、
戦い慣れている様子のリュビスとサフィルに段々と押されていく。

サフィルに弱点を見破られ、ついに追い詰められたアスクール。
と、そこに寝ぼけたディアが突然アスクールにキスをする。
するとアスクールは今までにない程の能力を発揮し、
逆にサフィルを追い詰める。

更にGOTの警備にも気づかれ、サフィルとリュビスは撤退。

局長にその二人のことを報告すると、
局長はディアと仲良くなった様子のアスクールとク・フィーユに、
そのままディアの子守をお願いする…。

more...
[ TB-5 | CO-0 ] page top
copyright © 目立たなくてもいいよね all rights reserved.powered by FC2ブログ.  template by レトロメカニカ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。